ナノ
Rock on. 

激しくラウドなロックサウンドとエモーショナルなヴォーカルで、玉木宏や
石原さとみが出演した映画「幕末高校生」をはじめ、
人気アニメ「蒼き鋼のアルペジオーアルス・ノヴァ」や「M3~ソノ黒キ鋼~」の
テーマ曲を担当。

着実に知名度と人気を上げているナノが、役2年ぷりのアルバム「Rock on.」を
リリース。
「愛をはじめとしたいろいろな感情、デビューからの3年間で経験してきた
いろいろなもの、そしてこれからの希望やもっと成長したいと思う欲望など。
そういうアツい気持ちをひっくるめて、『Rock on.』と付けました。
簡単に言うと、カッコよく生きていこうぜ!みたいな(笑)」

 

自分自身をバカポジティブと評するナノ。全12曲、激しいロックサウンドに乗せた
歌詞は、英語と日本語が入り乱れ、どれも前向きで背中を力強く押してくれる
ものばかり。

「自分自身もデビュー前、内側にこもっていた時期があり。そんなときネットで
聴いたいろんなジャンルの音楽が救いになった。だから自分も音楽で、誰かのカに
なりたい。アルバムを聴いて何かを感じてもらって、その人の苦しみを少しでも
和らげられたらうれしい。それぞれ中で新しい扉を開くきつかけにしてほしい」

ネットを中心に活動し、ライヴ経験がほぼなかったナノ。前作からの2年は、ツアー
やイペント。、対バンなど、とにかくライヴをたくさん行った。

この3月~4月には公演のツアーも予定され、ライヴを想定した曲作りも意識した。
「涙を流してくれるお客さんもいて、本当に感動しました。来て良かった、楽し
かった、カッコ良かったと思ってもらえるライヴにするには、どういう曲がいいか
をすごく考えました」

アルバムの終盤は美しいピアノバラードも収録され、ラストに収録の
「Rock on.」では、希望に満ちたキラキラとした美しい展開を聴かせ、新たなナノ
を感じさせてくれる。

これについて「人生は戦いだけじゃないことも伝えたかった」と話すナノ。
ロックファンも、アニソンファンも、洋楽ファンも注目の1作だ。
musicians575


from:TSUTAYA club magazine