ソナポケイズム
~笑顔の理由。~

約2年ぶりのオリジナルアルバム。改めて実感させられるのは、彼らの音楽に
脈打つ想いの圧倒的な鮮度た。例えばラブソングかとても瑞々しい。
真っ直ぐな愛情表現に満ちた「al」。

現代の恋愛糢様のなかにある切なさを描くΓ戻らないラブストーリーう」。
遠距離恋愛の機微を美しく映し出す「最終電車~missrng you~」。
清らかな光にあふれた街の風景が浮かぶ「X’masラブストーリー。亅
-シングルとして既発のナンバーの他、大切な人の存在が人生に与える素敵な力
を表現した「My Honey.」、
何気ない日常が実は帯びている輝きにスポットを当てた「虹」。
musicians575 travel

書き下ろしの新曲にもハッとさせられる。普段、なかなか言葉にできない感情を
的確に音にするのがソナポケ節。彼らの曲に耳を傾けると、恋愛も含めたさまざまな
営みのなかて抱えざるを得ない痛みやもどかしさが静かに融けていくはずだ。

デジタルテイストのダンサブルなサウンドが印象的な「GIRIGIRI」と「主役は君」、
それぞれの歌声の魅力を存分に発揮している
「SEVENTH HEAVEN (eyeronソロ)亅や「誰よりも頑張ってる君へ(ko-daiソロ)」
の味わいも実に深い。そして、
このアルバムの重要な核と言えるのか「chain of smile」と「笑顔の理由。」だ。
この2曲がテーマとしているものを端的に表現するならば”笑顔の力”。
人々の笑顔の交わし合いから生まれるかけがえのないエネルギーについて
歌っている。活動の初期から”笑顔の連鎖’をテーマとして掲げていたソナポケ。
musicians575 travel

ファンから貰ったたくさんの声援、1人の人間として積んださまざまな経験を通し
て、彼らは笑顔が持っている大きな力を改めて精一杯に表現したかったのでは
ないだろうか。

本作のリリース後、彼らはホールツアーをスタートさせる。そこてもたくさんの
笑顔が連鎖する空間を生み出すのだろう。まさしく歌っている通り、ソナポケ
にとって笑顔の理由こそが活動の指針となるコンパス。

それを頼りに今後、何処へと向かうのかり期待は膨らむばかりだ。
musicians575 travel


from:TSUTAYA club magazine