「Missing Persons」など、桑田佳祐なりの視点で真っ直ぐに社会を切り取った
歌が歌われている。スケールの大きなアンセムソング「東京VICTORY」も、
2020年に迫った東京オリンピックをモチーフにした曲だろう。

そして、さまざまなタイプの楽曲が並ぶアルバムは、最後に美しいバラード「蛍」で
締めくくられる。映画『永遠のO』の主題歌となったこの曲は、
“見せぬように笑顔でサヨナラを”と歌い上げ、”溢る世の中であれと祈り”という
最後の一節に感動的な余韻を残している。

travel

『葡萄』というアルバムのタイトル、そして着物をはだけた後ろ姿の女性が
描かれたジャケツトのアートワークもとても印象的だ。さまざまな楽曲から
日本の情緒を感じとれるアルバムの世界観を象徴するようなイラストとなっている。

このアートワークについて、前述のQ&Aで桑田佳祐はこんな風に語っている。
「箱根のポーラ美術館で、日本画家の岡田三郎助さんという方の「あやめの衣」
という1927年の作品を見て非常に雷に打たれたように衝撃を受けまして、
『葡萄』のジャケットはその絵のオマージュという部分もあります。

スタッフが葡萄柄の着物をオリジナルで作ってくれまして、それでモデルさんを、
オーディションして。写真を何ポーズか撮り、それをまたこう油絵に起こして。
そういう風にできあがったのが『葡萄』のジャケットです」

1970年代から2010年代に至るまで、日本の音楽シーンに燦然と輝く足跡を
残してきたサザンオールスターズ。アルバム『葡萄』には、その粋が刻み込まれている。
ぜひ、味わい尽くしてほしい。

PROFILE

桑田佳祐(Vo&G)、関口和之(日&Vo)、松田弘(Dr&Vo)、
原由子(Key&Vo)。野沢秀行(Per)による5人組バンド。
1978年、シングル「勝手にシンドバッド」でデビュー。la降、
名実ともにJ-POPシーンを代表するスーパーグループとし
て、後進に影響を与え続けてきた。代表曲は「いとしのエリー」
「涙のキッス」「TSUNAMI」など。


from:TSUTAYA RECORDS