4人初のニューシングル「ドラッグ・ミー・ダウン」が過去最大のヒットなっている
ワン・ダイレクション

彼らが5人でレコーディングした最後の作品となった4thアルバム「フォー」が、
間も無くレンタル開始となる。昨年日月にリリースされた本作は、
「スティール・マイ・ガール」「ホエア・ドウ・ブロークン・パーツ・ゴー」『18』など
オーソドックスなロックナンバーが際立ち、サウンドプロダクションや歌のスキルも
より深みを増している。

デビュー当時のキラキラとまぶレいアイドルオーラ全開の雰囲気と比べると、
メンバーたちの成長ぶりに感慨深くなってしまうほど。それと同時に“リスナーに
歌を届けたいという彼らの想いが強まり、その想いを良質なメロディとともに
真っ当なホップソングとして成立させていることを頼もしく思う。

成長と進化の一方で、彼らのスタイルはあくまでもオーセンティックなのだ。 

そのスタイルは、11月発売予定のニューアルバムからの先行シングルであり、
90力国で1位を記録した新曲「ドラッグ・ミー・ダウン」にも踏襲されている。

「ストーリー・オブ・マイ・ライフ」を手掛けた制作陣によるこの曲ぱ君さえいれば
誰も僕を引きずり降ろ、せないというファンヘの感謝とポジティブなメッセージが
込められ、4人になった新生ワン・ダイレクションの決意が伝わってくる。

どんな進化を遂げ、どんな歌を聴かせてくれるのか…期待が募るばかり。

また、9月にロンドンで行われた“A p p l eMusic Festival”にヘッドナイナー
として出演した。しかも、4人での最新パフォーマンスが全世界に無料で
生配信される予定だ。「みんなの表情を感じながらライヴができる良い会場
だから、すごく楽しみだよ」「アンセム的な曲もやるよ」「僕らの原点に帰れそう」と、
メンバーもテンション高め。サービス精神とミュージシャンシップを発揮したステージ
は必見だ。

PROFILE 

2011年にデビューし、今年7月で結成5周年を迎えたイギリスの大人気グループ。
現メンバーはルイ、リアム、ナイル、ハリーの4人。デビュー作から全アルバムが
チャート1位を記録。今年2~3月にジャパンツアーを大成功させ、現在はワール
ドスタジアムツアーを敢行中。11月にはニューアルバムの発売を控える。


from:TSUTAYA CLUB MAGAZINE