世界中を席巻し続けるスーパーグループ通算5作目のニューアルバムが
いよいよ登場!

イギリスのオーディション番組から誕生したワン・ダイレクシ∃ン、2011年の
デビュー以来、全世界トータルセールス6500万枚、日本でも累計170万枚を
突破。今年2~3月に行われたジャパンツアーでは20万人を動員。

今ではアリーナやスタジアムでのツアーが当たり前だが、9月の
“Apple Music Festival”の会場は、観客との距離が近いライヴハウス。
当日誕生日を迎えたファンのために「ハッピー・バースデー」を歌って祝ったり、
日本国旗を持っていたファンに気づいたハリーが「ガンバリマース!」と完璧な
日本語で応えたり、終始アットホームな雰囲気のなかで楽しそうに
パフォーマンスしていた。

そんな世界中を席巻し続けるスーパーグループが、今年結成5周年を迎えた。
多忙なスケジュールのなか、彼らは毎年コンスタントにアルバムを発表してきた。

ティーンの眩い青春を彩るサウンドトラックのような1作目『アップ・オール・ナイト』。
センセーショナルなデビューの勢いに乗った2作目『テイク・ミー・ホーム』は
「リヴ・ホワイル・ウィアー・ヤング」「キス・ユー」といった、IDらしいアップチューンに、
エド・シーランが手掛けたセンシティヴなスロウ「リトル・ジンクス」などをそろえ、
作風の振り幅がグッと広がった。

今やライヴでもづとも盛り上がる曲「ベスト・ソング・エヴァー」や、情感あふれるメ
ロディに寄り添う歌声が印象的な「ストーリー・オブ・マイ・ライフ」を含む3作目
『ミッドナイト・メモリーズ』は、それまでのホップ路線にロックなテイストをプラス。

そうした音楽的な変化の兆しは4作目『フォー』で顕著になった。ロックや
フォークに寄せたサウンドは、はねたビートのポップチューンと比べたら確かに
地味かもしれないが、奇をてらわず、良いメロディと良い歌にこだわることで、
彼らは歌をしっかりと聴かせるヴォーカルグループに成長。

いわゆるアイドルからア-テイストへの転換期に当たる意欲作『フォー』から
1年ぶり、メンバーが4人となった新生ワン・ダイレクションが11月13日、通算
5作目の新作『メイド・イン・ザ・AM亅を世界同時リリースする。

リードシングルは、4人初シングルにして過・去最大の大ヒットを記録した
「ドラッグ・ミー・ダウン」。ファンヘの想いをエモーショナルに歌ったID流スタジアム
ロックで、NASAの宇宙センターで撮影したビデオクリップが話題を呼んだ。

骨太なナンバーに次いで公開されたのは「インフィニティー」。シンプルなメロディ
に乗せて、大切な大との別れと向き合い、その悲しさを乗ヽり越えようとする
アコースティックナンバーで、切々と語りかけてくるような4人のヴォーカルが胸に
沁みる。この対照的な2曲を聴いただけでも、彼らのスキルに磨きがかかり、
表現力がより豊かになったことがわかる。さらに、リスナーを包み込む包容力が
加わったことも。

彼らはアルバムを出すごとに音楽に対して貪欲になり、アーティスト性を強めて
いった。自分たちのやりたい音楽性。伝えたいメッセージ、それらを追及しすぎると、
セルフィッシュな作品になる場合がある。

しかし、インタビューで常にファンヘの感謝の言葉を口にし、自分たちの音楽性
を急激に変化させてファンを戸惑わせたくないという彼らは、聴き手を無視す
ることはしない。だからこそ、ともに想いを共有し、ともに歌えるホップソングを
打ち出してた。

まずは歌ありき。当たり前すぎることだが、それゆえ見失いがちになってしまう。
ワン・ダイレクションの場合、一切ブレがない。特に本作は普遍的な楽曲で勝負
しようとする心意気が強く反映されている。前作『フォー』で示したオーセン
ティックな路線をさらに推し進めたことで、より深化した彼らの歌声を味わうことが
できるだろう。

日本盤CDはデラックスとスタンダードエディションの2形態。いずれも日本盤
ボーナストラックとして、オリジナル未収録の新曲と、前作『フォー』収録曲
「ナイト・チェンジズ」のリミックスが追加。デラックスは計19,曲、スタンダードは
計15曲収録。デラックスは、ハードカバー仕様CDパッケージに、レア写真や
メンバーからのメッセージなどが掲載された20ページ以上の豪華ブックレットが付き、
初回生産限定「アルティメヅト・ファン・エディション」のみフォトカード、オリジナル
ブレスレット、日本限定特典が豪華ボックスに封入される。

『メイド・イン・ザ・AM.』発売翌日の11月14日には、ロンドンで世界中から
ファンを招待したスペシャルイベントThe London Sessioh”を開催する。
lD史上最少規模の会場でパフォーマンスが観られるなんて、ファンにとっては
たまらないだろう。

できることなら『メイド・イン・ザ・A.M亅を引っさげた来日公演をやってほしい
ものだ。最近のステージでの彼らは相変わらずメンバー同士ふざけあったりして、
やんちゃで微笑ましい場面も多々あるが、歌に厚みが増し頼もしくなうた。

普段ボーイズグループを聴かない男子がライヴに参戦したら「こんなクループ
だったのか!」と目からウロコ、野太い声でシンガロングする場面が見られるかも
しれない。しかし、残念なことにIDは来年3月から活動休止に入る。

メンバーは「まだ達成したいことがあるし、解散するわけじゃない。心配しないで」
とコメント。こちらとしても、まだ彼らに歌い続けてほしい。ヴォーカルグループとして
進化・成長し、次なるステージへの可能性を浮かび上がらせた新作を前に、
その気持ちは尚更強くなった。

PROFILE
 
2010年結成。2011年のデビュー作から4作目「フォー」まで全アルバムが
チャート1位を記録。日本においてはドコモの学割CMや、
映画『好きっていいなよ。』の主題歌に起用されたことで大きな話題となった。
今年2~3月のジャパンツアーでは6公演20万人を動員、大成功を収める。
同年3月下旬、ゼイン脱退。現メンバーはルイ、リアム、ナイル、ハリーの4人。
現在10月まで続くワールドスタジアムツアー中。   

☆ワンダイレクション 動画集


from:TSUTAYA CLUB MAGAZINE