イル・ディーヴォ
『アモール&パシオン』

全世界で3,000万枚以上のトータルセールスを誇り、世界中の
老若男女を魅了するモンスター級ヴォーカルユニット、イル・ディーヴォ
が、ニューアルバム『アモール&パシオン』を発売。

タイトルの『アモール&パシオン』とは、『愛とパッション』という意味で、
ラテンのラブソングばかりを厳選した、情熱的でロマンスにあふれた作品
に仕上がっている。

誰もが聴いたことのある名曲ばかりながら、イル・ディーヴォならではの
大胆なアレンジが施され、オリジナリティにあふれているのも聴きどころだ。

イル・ディーヴォ・IL DIVO関連動画集

ビートルズもカヴァーしたことのあるラテンの定番曲「ペサメ・ムーチョ」は、
まるで映画音楽のようなスケールの大きなサウンドで、同曲のイメージ
を一新した。

フリオ・イグレシアスの「抱きしめて」は、美しく儚げなヴォーカルで切なさ
が倍増。色気のある歌声には、多くの女性がメロメロになるだろう。
また、ベートーヴェンの第九をモチーフにした楽曲で、1970年に
ミゲル・リオスが歌って世界的にヒットした「喜びのシンフォニー」は、有名
な主旋律をやさしく包み込むような歌声で仕上げている。

他にも、ジェニファー・ロペスが主演した映画『シャル・ウィ・ダンス?』でも
随所に使用されていた「誰だろう」や、グロリア・工ステファンのデビュー曲
で全米NO1に輝いたほか、グラミー賞にもノミネートされ、海外ドラマ
『glee/グリー』にも使われた「ドント・ウォナ・ルーズ・ユー」などを収録。

一度は耳にしたことのある名曲が、彼らのヴォーカルと意外性ある
アレンジで華やかに変身。原曲の新たな魅力にハッとさせられることだろう。

世界中にファンを持ちながら、特に日本に対して思い入れを持っている
イル・ディーヴォ。このアルバムは、世界に先駆けて日本先行発売される
のは嬉しい限り。

4人が奏でる優雅でゴージャスなラブソングの世界をいち早く聴くことが
出来るのは日本だけ。クラシカルクロスオーバーのファンだけでなく、
ポップスファンも注目の作品。彼らの魅力の神髄が詰まっている。